large
出典:weheartit.com

第一印象ってとっても大事ですよね。人の視線に入りやすい歯が汚い、黄ばみなどあると相手からの印象が悪くなります。そこで綺麗な歯を手にいれる習慣を身につけましょう。


着色汚れには口ゆすぎで対処!
年齢を重ねると着色汚れが気になってきます。コーヒーやワインのような色が濃い飲み物や食べ物などによって着色汚れが蓄積していきます。 飲食後にこまめに口をゆすぐだけで改善されます。すでに着色しているようでしたら、ホワイトニング剤いりの歯磨き粉や歯科でクリーニングで対処しましょう。


飲み物にも注意
毎日、歯磨きをしていても虫歯になりやすい人は飲み物にも気を付けましょう。砂糖などの糖分が多く含まれる飲み物は歯を溶かしてしまう成分が含まれます。なるべくお水などの着色がないような飲料をのみましょう。


歯ブラシだけじゃ汚れが残る?
歯ブラシだけでは汚れが残ってしまうことがほとんど。通常の歯ブラシで磨いた後に、ポイントブラシやデンタルフロスなどで汚れが蓄積しやすい箇所を重点的に綺麗にしましょう。口臭が気になる方は舌用のブラシで磨くのもオススメです。


歯ブラシ後の一手間
歯ブラシ、デンタルフロスなどで口内を綺麗にしたからといっても、とっても気になるのが口臭。歯磨き後の最後のケアとしてマウスウォッシュなどで口をゆすげば歯周病や口臭を抑えることができます。 


歯医者さんに行くのは虫歯になってからではなく、予防のために通うのがよいですよ。3ヶ月に1度、長くても半年に一度は異常がなくても歯科に通いましょう。定期的に検診を受けることで歯の状態が悪化する前に対策することができます。

do