large (53)
出典:http://weheartit.com/

2010年にオーストラリアで実際にあった話です。仮死状態で産まれた早産の赤ちゃんを母親が胸に抱き続けていたところ、ほぼ止っていた心臓が動き出したのだ。この時のことをビデオにまとめ、YouTubeにアップしたところ世界中のメディアが取り上げ話題となりました。


オーストラリアに住む母親のケイト・オッグさん。彼女が産んだのは双子であったが一人は死産…先に生まれたエミリーはすぐに大声で泣きましたが、後から産まれたジェミーは何の音も立てませんでした。この時ジェミーは、まだ生きてはいた。医者は蘇生させようと様々な処置をほどこしたが、赤ちゃんの呼吸と鼓動はだんだん遅くなっていく…約20分後、ほぼ仮死状態となったジェミーに医者は蘇生を諦め、母親のケイトさんに「別れを告げるように」と宣告した。


実際のケイトさんの言葉
「何年も子づくりに励んで産まれた子なので、私には罪悪感がありました。

だから、死んでいく我が子を胸に抱いてやりたかったんです。

夫にも、シャツを脱いでベッドに入ってもらって、一緒に抱いてもらいました。

この時、ジェミーはとても冷たかった…

ただ、温めてあげたかったんです。

夫婦は冷たい子供に、

先に生まれたエミリーのことや自分たちのことを話して聞かせていました。

ジェミーにこの世に居ることの楽しさを知らせて、この世に引き止めたかったんです」


そして奇跡が起こった
子供(ジェミー)が大きく息をした。それからすぐ、目を開き、呼吸を始めました。ジェミーは力強く旦那さんの指を握ったのです。


もしあの時、医師の宣告をそのまま受け入れていたら…ジェミーは今、この世にはいなかったでしょう。
そして今現在二人の子供は元気よく育っているとのこと。


海外の産婦人科専門医によれば、
「母親の肌との接触は、赤ん坊の心臓の鼓動をコントロールする」そうです。



実際の動画はこちら






www.parler.co.jp/‎ 
ストレッチ付きでスリムを実感!
初回限定19440円が500円

エステ体験1回90分500円。
本気でやせたいならエルセーヌ。

人気コース体験500円から!
34年の実績を体験価格で/初回限定

両ワキ美容脱毛完了コース
3月限定特別価格:100円