f8ecb77513bd563a1340aae031854990
出典:https://jp.pinterest.com/

子供の寝相って悪いですよね。自分が子供の時によく掛け布団が起きたらなくなっていた。なんて記憶はありませんか?今回はそんな子供の寝相が悪い理由をご紹介します。


睡眠中に『成長ホルモン』がたくさん分泌している
成長ホルモンは子供の時にたくさん分泌され、年齢を重ねるごとに分泌量は減少していきます…特に睡眠中に成長ホルモンは分泌されます。成長ホルモンの分泌の低下(睡眠不足)は、肌荒れや肥満につながります。



成長ホルモンが子どもの寝相を悪くしている
寝ている時に、布団をかけていると、体の表面温度が上がるために体を冷やそうとします。さらに、成長ホルモンは体温を上げます。その理由で、体を冷やそうとして寝相が悪くなります。年齢を重ねるごとに寝相が悪くなくなるのもこの理由です。



寝相の悪さは成長している証拠!
寝相が悪くても、すくすく育ってくれていると温かく見守ってあげて下さいね♪




www.parler.co.jp/‎ 
ストレッチ付きでスリムを実感!
初回限定19440円が500円

エステ体験1回90分500円。
本気でやせたいならエルセーヌ。

人気コース体験500円から!
34年の実績を体験価格で/初回限定

両ワキ美容脱毛完了コース
3月限定特別価格:100円